LOOOP

電気代の高騰が懸念されるなか、自家消費用太陽光発電の導入に関心を持つ企業も少なくないだろう。しかし、自家消費用の太陽光発電設備を導入するにあたっては、初期費用の負担が気になるところだ。

そこで、紹介したいのが、初期費用0円でも始められるLooop(ループ)の「MY自家消費セット」である。

なぜ、初期費用0円で太陽光発電設備を導入し、電気代のコスト削減が実現できるのかと疑問に思う人がいるかもしれない。この記事では、「MY自家消費セット」の特徴や仕組みについて詳しく紹介していこう。

MY自家消費セットを販売するLooopとはどんな会社か?

Looop画像引用元:https://looop.co.jp/service/epc.html

「MY自家消費セット」を販売しているのは、Looopという会社である。東日本大震災を機に設立され、石巻市・気仙沼市の複数施設へ独立型太陽光発電の無償設置を実施した。現在は、太陽光発電システムの開発・販売・工事・管理・メンテナンスなどを手がけている。

ユーザーがDIYで組み立てる太陽光発電システム「MY発電所キット」で知られているが、近年は新電力として電力小売りを行い、蓄電池もリリースした。つまり、Looopの関連製品だけで電力をマネジメントできるという、他にない特色をもつ企業なのだ。

今回ご紹介するMY自家消費セットは、売電と自家消費に最適化された太陽光発電システムをパッケージ化したものである。ポイントは、太陽光発電のハードルである投資費用の懸念を解消する設計だ。

MY自家消費セットの特徴

LooopのMY自家消費セットは、発電システム・保守管理・電力供給・蓄電池を一体化し、太陽光発電を事業運営に取り入れるための商品である。MY自家消費セットの特徴について詳しく紹介しよう。

初期費用0円で始められる太陽光発電

MY自家消費セットは、初期費用0円で太陽光発電を導入できる。これは、分割払いでシステム購入した場合の支払い額を、FITによる売電収入と自家消費による電力コスト削減効果で相殺することで可能になった。

分割払いを利用する場合は、利益が分割払い代金を上回るように設定される。巨額な初期費用が不要になるだけでなく、毎月の収支にかかる負荷がないことも大きな魅力だ。

さらに、Looopが提供する電気料金プランや蓄電池を組み合わせることで、最短5年での投資回収すら可能とする。分割払いを完済した後も、電気代の削減はそのまま享受できるので、大きな経済的メリットを受けることができる。

トータルの支払額をより安くする一括購入も対応する。MY自家消費セットは資金計画に太陽光発電を対応させ、ゆとりを持って事業に自家発電を加えられるのだ。

自家消費・売電収入で事業コストを軽減

MY自家消費セットは、工場やビルの空いている屋根を活用して発電した電力を自家消費できる。これによって、電気料金コストを抑えられるのは大きな魅力だ。

発電して余った電力については、固定価格買取制度(FIT)で売電する。この売電収入と自家消費で浮かせた電力コストで、太陽光発電の設置費用を回収するのが基本である。

夜間などの太陽光発電ができない時間帯は、Looopの新電力で対策する。MY自家消費セットと共に新電力の「Looopでんき」を契約すると、通常料金の単価から最大で5円引き(kWh)で電力供給を受けることができるのだ。

さらに、FITによって売電収入が保証される20年間のFIT期間終了後も、10年間は7円/kWh以上での買取保証がついている。FITの適用が切れた後の売電収入について、先行きがクリアな数少ない選択肢でもある。

蓄電池を導入すると、太陽光発電の効率性を最大限に高められる。日中に発電した電力を貯めて夜間に使用することもでき、停電時の非常用電源としても利用可能だ。

蓄電池や新電力の契約は必須ではないが、太陽光発電のコスト対効果を高めるのに有効である。まずは、これら全てを組み合わせた場合の資金計画について検討するべきだろう。

太陽光発電は自家消費型の時代へ!売るよりも使ったほうが得する理由

監視や定期点検・売電保証をしてくれる

太陽光発電にはメンテナンスが欠かせない。保守管理サービスの「まもるーぷ」を利用してメンテナンスまでLooopで行うと、管理がとても楽になるだろう。

「まもるーぷ」は、太陽光発電の監視や定期点検、緊急駆け付けといったO&Mサービスに加え、自然災害や故障をカバーする損害補償までもがセットになったものだ。

発電量を監視するサービスは、売電状況をグラフやデータで分かりやすく表示できる。エネルギーの見える化は、管理者の負担低減に加え、節電意識を高める効果をもつ。MY自家消費セットを導入すると、「まもるーぷ」に割引が適用される。メンテナンスや保険を個別に手配するより得になる可能性が高いだろう。

MY自家消費セットで優遇税制も使える

MY自家消費セットの導入で、減税制度を活用できるようになる。自家消費用の太陽光発電は、設備投資に係る節税制度の対象なのだ。

例えば中小企業経営強化税制は、指定事業者が用いる自家消費または余剰売電の太陽光発電について「即時償却」や「税額控除」を可能とする。

即時償却の場合には、設備投資にかかった費用を初年度に全額経費として計上し、利益から差し引くことができる。税額控除の場合には、算出された税額から7~10%の額を減免することができるのだ。

企業が太陽光発電で自家消費するメリットはコスト削減だけではない

事業運営にメリットをもたらす高額節税商品として、太陽光発電は定評がある。電力コストの低減効果に加え、すでに国内でも活性化しつつあるSDGsやESGといった持続可能なビジネスにも貢献する。

自家消費型の太陽光発電は、投資効果が先々まで得られる節税商品なのだ。

ESGは中小企業にビジネスチャンスをもたらすか?注目の投資法と環境強化の方法

電力は自家消費がお得な時代に!時代の流れに合ったMY自家消費セット

2019年度は、産業用太陽光発電が自家消費寄りにかじを切った。FIT単価が14円(税別)になり、電力会社から買う単価よりも安くなる可能性があるのだ。つまり、売電するよりも自家消費するほうが得な時代になっている。投資用の全量売電より、自家消費あるいは余剰売電導入の方がメリットが大きくなるだろう。

ただし、LooopのMY自家消費セットは、屋根や土地の面積が85平方メートル以上であることが条件となる。これよりも狭い面積で太陽光発電を始めることもできるが、Looopの発電セットよりも経済性を追求していく必要がある。

その場合、イニシャルコストの削減が最も大きな課題となる。ここで効果があるのは、一括見積もりだ。

世界的に価格低下が進んでいる太陽光パネルは、海外メーカーが価格の安さと性能のバランスでリードしている。メーカーによって発電効率や価格が異なるため、最適なメーカーを選定してコストを抑えることが大切だ。そのため、「タイナビNEXT」の一括見積りで複数事業者の見積りを比較し、検討するとよいだろう。

郵便番号と設置予定面積などを入力するだけで、無料で簡単に見積もり依頼ができる。経済性の確認をかねて、まずは申し込んでみよう。

タイナビNEXTトップページ