産業用太陽光発電の費用

電気代の値上がりや災害時の備えとして、電力の自家消費が見直され、産業用太陽光発電の導入を考える企業も少なくない。産業用の太陽光発電は、パネルの数が多く設置面積が広いこともあり、設置の初期費用が最も気になる部分だ。

この記事では、どの程度の設置費用がかかるのか、具体的にどのような費用がかかるのか、初期費用を安く抑える施策などについて詳しく解説する。

産業用太陽光発電の設置費用の仕組みと内訳

まずは、産業用太陽光発電の設置費用とその仕組みについて説明する。

機器費としては太陽光パネル本体やパワーコンディショナー、架台はもちろんだが、商業施設や工場など、大量の電気を使用する事業所は高電圧になるため、キュービクル式高圧受電設備とその設置費用が必要だ。

次に、工事費として、設置業者が太陽光パネルやパワーコンディショナーなどを設置するための費用がかかる。設置場所によっては、売電するために必要な電線を繋ぐための部材や、工事にかかる工事費負担金が別途でかかる場合もある。

その他に諸費用として、補助金申請代行手続きや施工後のアフターフォローなどの費用が挙げられる。

太陽光発電設備の設置の初期費用は、機器費用だけでなく、工事費や諸費用を含めて検討しなければならない。見積りを取る際は、必ず見積り金額の中に機器費、工事費、諸費用が含まれているかを確認しよう。

産業用太陽光発電設置場所による費用の違い

産業用太陽光発電は、その設置場所によっても費用が変わってくる。

屋根、もしくは屋根と土地をあわせて100㎡~150㎡以上の設置場所があれば、10kW以上の太陽光発電設備の設置が可能だ。その場合、土地の維持費やフェンス設置費などはかからないが、メンテナンス費用は必要だ。

遊休地に設置する場合は、発電所の安定稼働・感電等の被害を防止するフェンス・柵の設置が改正FIT(固定価格買取制度)法で義務づけられている。太陽光発電の設備設置とは別に、野立てのフェンス設置などの費用がかかるため、その分費用が高くなるのだ。

農地転用の場合は、太陽光発電の架台を農地に対応させる必要があるため、その分費用がかかる可能性があり、通常の太陽光発電システム導入より価格が高くなる傾向にある。

産業用太陽光発電の設置事例と費用の目安

太陽光予算

ここでは、実際の産業用太陽光発電の設置事例と設置費用について解説する。

※2017年から2019年にかけての平均相場の1kWあたり30万円で計算。(あくまでも目安としての参考資料)

10kW~20kW程度の小規模産業用太陽光発電20kW~40kW程度の産業用太陽光発電50kW以上の大規模産業用太陽光発電
設置方法野立て屋根野立て
設置容量15kW25kW54.40kW
設置費用450万円程度750万円程度1600万円程度

野立ては、太陽光パネルを遊休地などの地面の上に設置する方法。 基礎を築いてから架台を設置し、その上に太陽光パネルを乗せる方法が一般的だ。屋根設置は、工場など大規模な建物の屋根に太陽光パネルを設置すること。いずれも、50kW以上の高圧設備になると、単純にパネル数、土地の広さだけでなくキュービクルの設置や管理費用がかかる。

産業用太陽光発電の初期費用を抑えるための施策

産業太陽光発電の初期費用を抑えるための施策として、さまざまな選択肢がある。具体的にどのような施策があるのか、またポイントや注意点について解説する。

太陽光パネルの価格を下げる

初期費用を抑えるには、太陽光パネル自体の価格を下げる方法がある。

産業用太陽光発電は、100枚以上のパネルを設置することもめずらしくないため、一枚あたりの単価が安くても、合計枚数で考えると大きな金額の差になる。

一般的には国内メーカーの太陽光パネルが高額で、海外メーカーのパネルが安い傾向にある。ただ、国産ブランドの信頼感や保証面などから、パネルは国内メーカーで選ぶ人も多い。

また太陽光パネルだけでなく、パネルを乗せる架台なども海外製があり、パネル以外の機材を海外メーカーの製品にすることで初期費用を抑えることも検討できる。

補助金を利用する

太陽光発電の設置には、地方自治体から補助金や給付金を活用すると良い。

地方自治体からの補助金は、自治体によって大きく内容が異なり、1kWあたり2万円で上限が20万円の自治体もあれば、設置の費用にかかった費用に対する割合で支給する自治体もある。

例えば、東京都の地産地消型再生エネルギー導入拡大事業などの補助金を活用すると、最大で補助金対象経費の3分の2が支払われるケースなどもある。該当する自治体の状況や支給される金額などを事前に把握しておくことが重要だ。各市町村の最新情報を確認しよう。

複数業者を比較する

太陽光パネルの価格や施工費用は、業者によって大きく異なる。あまりに安い業者の場合、標準搭載の保険が有料だったり、工事で必要な材料を使用していなかったりなどトラブルの元になり、結果的に高くついてしまうこともあるため注意が必要だ。

太陽光発電の施工実績や、顧客からの評価やレビューなども参考にして、事前に業者について確認するのが重要だ。太陽光発電が安い買い物ではないため、すぐに業者を決めてしまわずに一括見積などを利用しながら、比較検討するのが安心だ。

産業用太陽光発電の設置を安くするためには業者選びや見積が大切!

業者

産業用太陽光発電の設置は、住宅用と比較すると一般的にパネルの数も多くなるため、業者によって大きく金額が異なる可能性がある。その分、一枚あたりの単価を抑えることで総額を安く収めることも可能だ。

費用をできる限り抑えて導入するために、業者ごとの設置費用を比べて吟味する必要がある。タイナビNEXTは、多数の信頼できる業者と提携しており、一括で見積もりをすることができるため、比較検討してできるだけ安く太陽光発電を設置しよう。