産業用貸与校発電のパワコンの役割と選び方

産業用太陽光発電システムというと、工場の屋根や広い敷地に設置された「太陽光パネル」をイメージする人が多いだろう。しかし、実際に太陽光パネルで集めた太陽光を使って発電するためには、「パワーコンディショナー」という部材も必要になる。

パワーコンディショナーは、太陽光パネルで発電した電気を使用できる電気に変換する機能を持っており、選び方を間違えると発電量や発電効率にも影響しかねない。

この記事では、パワーコンディショナーの役割や選び方について詳しく紹介する。

産業用太陽光発電におけるパワコンの役割

産業用太陽光発電において、パワーコンディショナーはどんな役割を担っているのだろうか。ここでは、パワーコンディショナーの主な役割について紹介する。

太陽光パネルで発電した電気を変換する役割がある

パワーコンディショナーの大きな役割は、太陽光パネルで発電した電気を使用できる電気に変えることだ。

太陽光パネルで太陽エネルギーは電気に変換される。しかし、この電気は「直流電力」であるため、事業所や家庭でそのまま使うことはできない。これを「交流電力」に変えて、一般家庭や事業所などでも使える電気にするのが、パワーコンディショナーの役割だ。

パワーコンディショナーを設置することで、交流に変換された電気は屋内の電線を通して使用でき、余った電気については電力会社に売電できるようになる。

パワーコンディショナーは太陽光パネルと同様に、太陽光発電を行うために欠かせない存在なのだ。

太陽光パネルの発電量を最大化する役割がある

太陽光パネルの発電量は、天候などの日射条件によって大きく違ってくるため、電圧と電流も不安定である。この不安定な太陽光パネルをコントロールし、常に最大の電力出力が出せるポイントを探すのもパワーコンディショナーの役割だ。

パワーコンディショナーは、ランダムな電圧と量で流れてくる太陽光パネルからの電気を、安定かつ最大量で取り出せるように調整する機能を果たしている。最大の電力出力を必要とする大規模な産業用太陽光発電システムでは、特に重要となる機能である。

産業用太陽光発電に最適なパワコンを選ぶポイント

パワコンの選び方

パワーコンディショナーを選ぶ際には、最大定格出力や変換効率以外にも注意すべきポイントがある。ここでは、最適なパワーコンディショナーを選ぶためのポイントについて説明する。

無料保証期間の長さも考慮して選ぶ

パワーコンディショナーの修理費用は思わぬ出費となるため、無料保証期間の長いものを選ぶのがポイントだ。

一般的に、パワーコンディショナーの寿命は10年ほどで、寿命が20年といわれる太陽光パネルよりも耐用年数が短い。メーカー保証期間も一般的には10年〜15年ほどだ。無料保証期間が切れたあとの修理代や買い替え費用についても備えておくことが大切である。

騒音が少ないパワーコンディショナーを選ぶ

パワーコンディショナーを稼働させると、どうしても稼働音が発生する。さらに、冷却する空調設備も必要なため、両方の音を合わせると70dB程度まで達することがあるのだ。

産業用太陽光発電の規模が大きくなると、それに対応してパワーコンディショナーも大型化し、複数台必要となる。

きちんとした騒音対策をとらないと騒音トラブルにつながりかねない。そのため、近隣に住宅などがある場合には、騒音が少ない50dBほどのパワーコンディショナーを選ぶのがポイントだ。

また、状況によっては、設置場所を工夫する、防音壁で囲むなどの配慮が必要になる。

BCP対策で注目するべきパワコンの機能

突然の停電に見舞われたとき、業務が中断されることに加えて大切なデータが失われるなどの大ダメージを受けるリスクがある。このような事態に備えるのがBCP対策である。

事業のリスクを最小限にするBCP対策に、太陽光発電は有効だ。ただし、機材の選び方によっては、期待した効果が得られない可能性がある。

多くのパワーコンディショナーは、停電下で太陽光発電の自家発電を始めるために手動操作が必要である。自動的に自立運転モードに切り替えるには、そういった機能を持つパワーコンディショナーを選ばなければならない。

一瞬たりとも電力供給を途絶えさせない環境を求めるなら、無停電電源機能をもつ蓄電池が必要だ。

BCP対策は「重要業務が中断しないこと」「リスクを最小限にすること」が目的だ。BCP対策に対応した蓄電システムがあるパワーコンディショナーを選べば、停電時でも太陽光発電で作られた電気を非常用電力として使える。

蓄電システムを備えたパワーコンディショナーを導入することで、災害時でも安定した電力の供給をすることができるのだ。

産業用太陽光発電のパワコンを選ぶために理解しておくべきこと

パワコンの選び方

産業用太陽光発電のパワーコンディショナーには、押さえるべきポイントがある。ここでは、パワーコンディショナーを選ぶために理解しておくべきことを解説しよう。

最大定格出力を理解しておく

どのパワーコンディショナーにするかを決める際には、まず最大定格出力について理解することが大切だ。最大定格出力とは、パワーコンディショナーが送電できる最大電力のことである。

たとえば、太陽光パネルから最大定格出力を超える電力が送られてきても、パワーコンディショナーは超えた分を受け入れることができない。そのため、エネルギーとして変換されずにロスが生まれてしまうのだ。

最大定格出力が高いパワーコンディショナーであれば発電の効率は高くなるが、その分価格も高くなるという傾向がある。

変換効率を理解しておく

最適なパワーコンディショナーを選ぶためには、変換効率についても理解しておくことが大切だ。変換効率とは、太陽光パネルが発電した電気を使える電力に変換する効率のことである。

太陽光パネルで発電した直流の電気をパワーコンディショナーで交流に変換する際には、どうしてもロスが生じる。ロスが少なく、変換効率が高いパワーコンディショナーを導入すれば、消費できる電力や売電収入を増やすことが可能だ。

変換効率はメーカーや製品によっても異なり、多くは94.0~95.0%、なかには97.5%と高性能なパワーコンディショナーもある。変換効率は、消費できる電力量や売電収入に直接影響するので、しっかりと確認することが大切だ。

事業にフィットする太陽光発電は一括見積もり

太陽光発電の導入を検討する際には、どうしても太陽光パネルの発電効率などに意識がいきがちだ。しかし、パワーコンディショナーについても、しっかりと検討することが大切なのだ。

性能や価格の面からも最適なパワーコンディショナーを選ぶためには、いろいろなメーカーや施工業者を比較検討しなければならない。良質な業者を見つけるために必須なのは、相見積もりだ。

タイナビNEXTでは、無料で最大5社まで一括見積もりを依頼できる。太陽光発電の設置を検討するために、まずは見積もりを取って費用対効果を見てみよう。