太陽光発電

最新のFIT売電価格とは固定価格買取制度に関する情報をこちらの記事で解説しています。

https://www.tainavi-next.com/library/490/

太陽光発電の売電価格が年々下がっていくのをみて「太陽光発電はもう儲からない」と思っている方も多いのではないでしょうか。買取価格の減少でそれはある意味事実でしょう。

今までは産業用太陽光発電の導入判断はFIT価格でしたが、2022年現在は電気料金の高騰問題によりFIT価格は2の次の状況となりました。つまり、電気料金の値上げ回避の為に多くの法人企業様が自家消費導入に大きく転換しています。

燃料高騰問題によって電力会社の新規受付停止や新電力の撤退により法人企業の中には今までの電気料金単価の数倍の金額で契約したり、どこにも契約できずに最終保証電力から電気を購入している法人様も存在します。

脱炭素のトレンドで再生可能エネルギーの需要は増している中で、FIT価格が下落により投資の判断が難しくなったのは2021年まででした。今はFIT価格よりも目先の電気料金をどう解決するか?そこが問題になっています。

結論から言えば、売電によって太陽光発電で利益を得ることは可能ですが、もう売電は時代遅れでしょう。自家消費目的で太陽光発電を導入する事が結果的にコストを下げるので、大きな利益を生むことになります。この記事では、産業用太陽光発電の売電価格が低下する中で太陽光発電に投資するべきか?自家消費するべきかを解説します。

太陽光発電の売電価格が安くなる理由

まず初めに申し上げたいのは、太陽光発電のFITが安くなった理由は「収益を防げるためではありません」。

投資用太陽光発電の電気を電力会社が買い取るルールは「固定価格買取制度(FIT)」で定められています。電気の買取価格を約束して再生可能エネルギーの投資参入を促すことで、太陽光発電などの再エネを普及拡大させることを目的とした制度なのです。

この制度により「調達価格等算定委員会」が出した意見をもとに、経済産業省が売電価格を決定しています。買取価格は毎年の年度末までに決定され、年によって価格は変動します。

太陽光発電のFITを解説[住宅用/低圧/高圧/特別高圧]

太陽光発電の売電価格の推移

10kW以上2000kW未満 全量買取り
(1kWhあたり・税抜)
2012年40円
2013年36円
2014年32円
2015年29円~27円
2016年24円
2017年21円
2018年18円
2019年14円
※500kW未満まで
2020年13円
※10kW以上50kW未満・地域活用案件限定
12円
※50kW以上250kW未満まで
2021年12円
※10kW以上50kW未満・地域活用案件限定
11円
※50kW以上250kW未満まで
2022年11円
※10kW以上50kW未満・地域活用案件限定
10円
※50kW以上250kW未満まで

産業用太陽光発電FITは自家消費と投資用に分離

産業用太陽光発電は自家消費と投資用に分離

2020年のFIT認定分より、産業用太陽光発電の全量売電に変化が起こりました。発電容量10kW以上50kW未満の設備が「地域活用案件」の対象となったことです。

地域活用案件とは、平たく言うとこれから新設する低圧物件は余剰売電しかFITを認めないというものです。低圧規模で投資用の全量売電をお望みの方は、すでにFIT認定を受けた投資用物件を検討してください。

余剰売電するには自家消費用件を満たす必要があります。自家消費するには電気を消費する建物に発電した電気を供給しながら、余った電気を売電できる事になります。つまり、そういった自家消費目的で太陽光発電の設置を検討する方はFIT価格よりも値上がり中の電気料金を下げる自家消費目的で太陽光発電を設置する事が賢い選択となります。

もし、単純に投資をお考えの方は1000万円前後からの投資用太陽光発電をお求めいただける、タイナビNEXTの関連サイト「タイナビ発電所」はこちらです。

太陽光発電の売電価格と同様に安くなったものも

同じ太陽光発電でありながら、2012年あたりのFIT価格に比べると、およそ3分の1にまで下落してしまったことがわかります。事業として太陽光発電に投資して、今からでも利益が出るのか疑わしい気持ちがあることでしょう。

それでも太陽光発電の需要が収まらない理由は、当時よりも大幅に安くなった設備費用です。

太陽光発電のコストダウン

ある企業調査によると、49.5kWの太陽光発電の導入費用は、固定価格買い取り制度が始まった当時に比べると導入費用が大幅にダウンしました。2012年における1kWあたりの初期投資額は44万円。2016年にはおよそ半額の24万円にまで下落したのです。

2018年に至るまでにも設置費用は下落を続け、2009年から比較すると1kWあたり約16万円も安くなりました。50kW未満の産業用太陽光発電設備を導入する場合、2009年の設置費用は1kWあたり46万円だったのに対し、2022年の設置費用は15万円ほどに下がっています。

この金額を元に、80kWの太陽光発電設備を設置した場合の費用をシミュレーションしてみましょう。2009年であれば「80kw×46万円/kw」で3680万円かかった設置費用が、2022年には「80kw×15万円/kw」と、1200万円に下がった。 約2480万円もの差が出るほど、明らかに安くなっているのです。

太陽光パネルなどの設備価格がメーカー間の競争で安くなったうえ、設置するための工事費用も下がっています。設備の開発で発電性能も向上し、同じ大きさの太陽光パネルでも、以前に比べて発電量は増しています。同じ面積の太陽光発電設備でも、高効率での投資回収が可能なのです。

売電価格が下落し続けている理由としては、太陽光発電の設置費用の下落以外に、太陽光発電自体が普及したことも挙げられます。そもそも、FIT制度が制定された当初の目的は、再生可能エネルギーの普及にあった。その目的が達成しつつあるため、政府は売電価格を段階的に下げているのです。

太陽光発電設備の設置費用の大幅な低下と発電効率の向上によって、売電価格が低下しても十分に利益が得られるようになっています。

売電無視で完全自家消費した場合の収益はどのくらい?

太陽光発電の経済メリット

2022年に発表された売電価格で得られる利益を考えるよりも、自家消費した場合にどれくらいの経済メリットになるのかを具体的な数値でシミュレーションしてみましょう。たとえば、2022年の法人向け電気料金単価を25円/kWh(再エネ賦課金・燃料調整費込み)として、太陽光システム容量117kwとした場合、得られる経済メリットは以下のようになります。

年間発電量:144,934kwh
年間電気料金削減額:3,623,350円(144,934kwh×25円/kwh)
20年間:72,467,000円(3,623,350円×20年)

117kwの太陽光発電導入費用が約1755万(117kw×15万円/kw)を年間電気料金の削減メリットで割ると、約5年程度で回収できる計算になります。
※回収期間が短くなった背景としては電気料金の高騰が要因となります。

https://www.tainavi-next.com/library/387/

今後のFIT売電はどうなる?

産業用太陽光発電

年々、太陽光発電の売電価格は下落していますが、国は今後も売電価格を引き下げていく方針です。近年の傾向から考えると、今後の産業用太陽光発電の売電価格は毎年1円/kWhずつ減っていくと予想されていますが、もはやFITよりも電気料金価格が鍵です。

政府は減っていく売電価格に合わせるかたちで、今後も設置コストを引き下げていくという方針を決めています。売電価格が下がるという側面で考えるのはもう古いでしょう。電気料金の高騰に比例して経済メリットが高くなる事を念頭におきましょう。

法人等の施設に太陽光発電を設置する場合はFIT価格はもう考える必要はなく、土地などの野建てに中~大規模の太陽光発電に対しては、「FIP制度」への移行が一般的です。FIPとは、再生可能エネルギー発電事業者が市場価格にプレミアム価格として補助金を上乗せして売電する制度のことです。

再生可能エネルギーの促進や自由な競争ができるFIPは、FITに変わる新たなシステムとして注目されています。

これから太陽光発電を始めても大丈夫なのか

産業用太陽光発電

太陽光発電の導入を検討しているなら、太陽光パネルは各メーカーが日々研究を重ね、性能アップが実現している点を認識しておきましょう。

たとえば、太陽光エネルギーを電力に変える「変換効率」についても、製品の改善は年々進み大きく飛躍しているのです。1990年代は変換効率が10%台の太陽電池がほとんどだったが、2000年度あたりから20%を超える太陽電池が増えています。改良が進んだ高効率のパネルを搭載すれば、収益性も上がることが期待されます。

また、太陽光パネルは寿命が長いことで知られていて、一般的には約30年もあるといわれているのです。技術的にも進歩し続けている現在の太陽光パネルであれば、さらに長い寿命も期待できます。

このような「技術の進歩」というポイントを踏まえると、今後も太陽光発電事業にはメリットがあるといえるでしょう。

大規模地上設置型の太陽光発電はFIPやNONFIT型が主流になり、法人施設に設置する場合は完全自家消費型主流となります。

10kW以上の産業用太陽光発電の一括見積りは「タイナビNEXT」

FITが終了するとどうなるのか?

FIT制度には「固定買取期間」が定められていて、太陽光発電が発電を始めた年度の買取価格が適用されます。産業用太陽光発電の場合の固定買取期間は、20年間とされているのです。

この買取期間が終了すれば、電力会社の買取義務はなくなってしまいます。ただし、発電開始から20年を過ぎれば、太陽光発電設備の初期費用は回収が終わっていることでしょう。この段階まで来たなら、発電で得られる電力で最大限の利益を得たいですよね。肝心なのは、20年後にFIT認定が終わったときのことです。

正直、現在の電気料金高騰問題の中で工場などに太陽光発電を設置してFITで全量売電している法人の中には、FITで売電するのをやめて自家消費型に変更する法人も出てくるのではないでしょうか?そのほうが経済メリットが高くなる可能性さえあります。

すでにFIT切れを迎え始めた住宅用太陽光発電はどう対応しているか

住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電

産業用太陽光発電でFITが切れる設備が出始めるのは2032年からです。まだ先のことなので現時点では明確な答えはないのが実情ですが、住宅用太陽光発電で生じたFIT切れの設備については「卒FIT」の体制に移行し、大きなトラブルを生じさせないまま数年たちました。

卒FITとは、住宅用(10kW未満)太陽光発電に適用される10年間のFIT売電期間を終えた設備などのことです。こうした卒FIT案件に対して電力会社が「卒FIT向け買取プラン」を発表しており、国の固定価格買取制度よりは安価ですが、電気を無駄に捨てさせない買取サービスを提供しています。

1案件あたりの発電容量が少ない住宅用に比べて投資用太陽光発電は規模が大きく、遊休地にたっぷり敷いた長寿命のパネルをFIT切れと同時に廃棄されるのはもったいないという声が上がっています。10kW以上の太陽光発電に対しても、FITが終わる頃には「卒FIT向け買取プラン」が出てくるのは自然なことでしょう。

しかし、買取自体が継続されても買取価格は下がる可能性が高いです。FITが終わる頃、全てを自家消費用に転換するか、売却を検討するのがおすすめです。法人企業は自家消費型にすることをお勧めします!

太陽光発電所の売却についてはこちらのサイト、タイナビNEXTの関連サイトを御覧ください。

太陽光発電は自家消費型が完全主流の時代に

自家消費用太陽光発電

売電価格が下落することは、全量売電で利益を狙う人にとっては厳しい現実です。しかし、自家消費や余剰売電(自家消費の使い残しを売る)を計画する人にとっては、経済的なメリットの高まりであるとも言えるでしょう。

電力会社から買う電力の単価と、太陽光発電が出力する電気の単価が同じとみなされるなら、CO2を排出しない分は太陽光の電力の価値が上回ります。CO2排出量の削減が企業価値になる、近年の世情の変化も、自家消費用の太陽光発電の大きなメリットです。

産業用太陽光発電には、自家消費で電気を買うと、電気料金に上乗せされる再エネ賦課金を支払わなくてよいという大きなメリットがあります。事業者の条件によっては賦課金の支払いが免除されることもありますが、賦課金免除の対象に含まれなかった事業者にとっては大きな魅力です。

自家消費による再エネ賦課金の削減効果

削減

再エネ賦課金とは、正式には「再生可能エネルギー発電促進賦課金」です。固定価格買取制度によって、電力会社が電力の買取りに要した費用の一部を、電気を利用しているすべての人が賦課金という形で負担するものです。

再生可能エネルギー発電設備にかかるコストが大きかった2012年、投資の利潤をもたせて導入を促進するために、高額な売電単価が設定されたのです。

再エネ賦課金は、電気代が高くなっている要因の一つです。2012年には0.22円/kWhだった再エネ賦課金は、2022年には3.45円/kWhになりました。もはや、無視できる金額ではないことがおわかりいただけるでしょう。

また燃料調整費は、電気代が2022年大きく高くなっている要因の一つです。2022年1月は-0.52円/kWhだった燃料調整費は、8月には4.93円/kWhになり、今年だけでも5円/kWhも増加しており、本当に先行きが不透明な状況です。

太陽光発電の増加にともない、再エネ賦課金は今後も値上がりする予定があります。太陽光発電で得られた電力を自家消費すれば再エネ賦課金が発生しないので、電力コストを大きく下げられるのです。

災害時のリスク対策になる

太陽光発電停電対策

太陽光発電で得られた電力は、自家消費に活用すれば災害時のリスク対策にもなるのです。地震や水害などによる災害によって電気の供給が急に止まったとしても、太陽光発電の電気は使用できます。停電時に電気を使えるなら、たとえ災害による停電が起こっても企業は営業を続けられるでしょう。

近年、大きな自然災害が増えているなか、復旧まで1週間かかるような事例も多く見られます。太陽光発電があることで、災害時でも電源を確保できるという安心感が得られるメリットは大きいです。

節税につながる

節税

太陽光発電システムによって発生した電気は、自家消費することを目的にするなら、「中小企業等経営強化法」という税制優遇制度を活用できることも知っておきましょう。

対象になるのは「資本金1億円以下で、使用する従業員が1000人以下の法人」、または個人事業主です。「税制控除」と「即時償却」のどちらかを選ぶことができます。即時償却は、設置した年度に設置にかかった費用を全額経費として申告することが可能です。税額控除では、事業を開始した年度から導入費用の10%を差し引くことができるので長期的な節税につながります。

自家消費型太陽光発電を活用するポイント

自家消費型の太陽光発電にはメリットが多いことが分かりました。それでは、実際にはどうすれば最大限のメリットを導きだせるのでしょうか。

自家消費型太陽光発電メンテナンス

ソーラーパネルの向きと角度

太陽エネルギーから得られる発電量を多くすれば、電力会社からの買電を減らすことができるのでコストダウンにつながるでしょう。それには、太陽光パネルの向きや角度を計算して、最大限の効果を出せる施工会社を見つけるのが最初のポイントです。

一般的には、発電に適している太陽光パネルの向きは「南」で、角度は「30度」といわれています。しかし、実際には太陽光発電設備を設置する「周囲の環境」によっても異なる点も考慮します。

積雪量の多い地域の場合、雪が落ちやすいように角度を高くします。太陽光発電を設置する前に、ケースごとの最適な向きや角度を確認することが必須となります。

価格競争力のある産業用ソーラーパネルメーカーの選定

住宅用の場合は日本メーカーを選定する方は多いのですが、産業用太陽光発電の場合はほぼ9割以上は海外メーカーのソーラーパネルが使用されております。単純に世界的に生産量も多く、品質、価格、保証の面で最高水準だからです。

2022年現在は、世界中で起きているエネルギー不足の為に物価が上昇しており、太陽光パネルもメーカーによって価格が大きく異なっております。2022年に多くのEPC企業で取り扱われているソーラーパネルメーカーの1つにLONGi (ロンジ)という中国メーカーになります。世界最大級の生産量もあり、日本法人もあります。当然、ジンコソーラーやトリナソーラーも人気があります。

https://www.tainavi.com/library/5155/

国・自治体からの補助金を最大件活用する!

自家消費目的で産業用太陽光発電を設置する場合は、国(環境省・経産省)から太陽光発電や蓄電池に対して補助金が出ていますが、各都道府県からも補助金が出ているのはご存知でしょうか?

北海道・大阪・東京・神奈川のように自治体からも補助金が出ております。もちろん、国と自治体の補助金を併用する事は可能ですので、こちらも最大限活用するべきでしょう。

エリア別の補助金情報だけでなく、ソーラーパネルのメーカー選びも、購入費用と発電効率は必ず反比例するわけではありません。広い面積に安くてほどほどの品質のソーラーパネルをたくさん敷いたほうが良いのか、狭いスペースに高効率のものを置いたほうが良いのか。経験豊富な太陽光発電の施工店による提案と見積もりを最大5社まで無料で比較検討できるタイナビNEXTをぜひご利用ください。

https://www.tainavi-next.com/library/387/

蓄電池と一緒に設置する

太陽光発電システムは、「蓄電池」を利用することで太陽エネルギーから作られた電気を貯めておけます。昼間の太陽が出ている時間帯に発生した電気を、蓄電池に貯めておくことがポイントです。

それにより、たとえ天候が悪く太陽が出ていない日や夜間の時間帯でも、蓄電池に貯めておいた電気を使用できるメリットが得られます。電力会社から割高な電力を買電しなくてもよくなるため、より電気代の節約につながることは間違いません。

より大きく節約したいなら、蓄電池などを太陽光発電とセットで使うのがおすすめです。

https://www.tainavi-battery.com/library/821/

自家消費用なら蓄電池との併用が推奨される

産業用太陽光発電を自家消費型にすると、規模などの条件によっては使う電気をほぼ自給自足することもできます。そうなれば、施設を災害時の緊急避難助場所としても活用でき、地域への貢献度も高まるでしょう。ただし、それには太陽光発電で作った電気を貯めておける蓄電池の導入が欠かせません。

自家消費型太陽光発電は、災害時の行動計画であるBCPにも役立ちます。BCPは地震や豪雨、事故などで停電が起こる事態を想定し、企業が事業継続や早期復旧を目指し計画するものです。BCPの策定では、蓄電池があるほうが長期間の停電にも対応可能な計画作成が可能になります。蓄電池があれば、日中に貯めた電気を夜に使うこともできます。

産業用蓄電池を導入すると、BEMS(ビルエネルギー管理システム)や、FEMS(ファクトリーエネルギー管理システム)を構築できます。これにより、ビルや工場では電力使用量や配線などを可視化することも可能です。施設の電力使用量がピークになる時には消費量を抑え電気料金を安くすることにもつながります

産業用太陽光発電は今後どうなる?

産業用太陽光発電

太陽光発電の市場は、FIT制度での売電価格が下がっていることから近年では縮小傾向が続いてきました。ただし、今後は自家消費型太陽光発電の需要が拡大していくと予想されています。

2022年以降は、産業用太陽光発電の9割程度が自家消費型になるとの見通しです。電気料金高騰により、今後は全量売電型よりも自家消費型のほうがはるかに初期費用を回収する期間が短くなるためです。

自家消費型太陽光発電が増えていく理由

自家消費型太陽光発電が投資回収期間を短縮できる理由は一つだけではありません。まず、技術の進歩や太陽光発電の普及に伴い近年の導入費用が安くなっていることが挙げられます。FIT制度での買取価格が低下しているうえに、産業用太陽光発電の全量売電が廃止されたことも大きいです。

また、電気料金が値上げされている昨今では、買電するよりもできるだけ自家消費するほうが電気料金を抑えられます。国や地方自治体は再生可能エネルギーの普及に向けて補助金など支援体制を広げているため、今後は自家消費型太陽光発電がさらに増えていくでしょう。

産業用太陽光発電はNONFITと自家消費が主流!

太陽光発電の設置を検討をしていたターゲットが今後は大きく変わっていきます。まずは、土地等に投資目的で設置検討していた個人はFIT価格の下落により大きく減少し、電気料金の高騰により自家消費目的の法人が産業用太陽光発電の主役になります。また、電気供給側の電力会社はNONFIT型で太陽光発電を大量に購入し、オフサイト型PPAという形で電気を供給するPPA事業者になっていくでしょう。

太陽光発電は電気料金高騰問題の最大の解決策

メンテナンス

太陽光発電で自家消費する事は産業用だけでなく、家庭用でも今後浸透するでしょう。電気料金の高騰問題は2022年だけでなく、今後数年間は値上がりが続くと予想されます。

各電力会社もベース電源の確保の為に、Non-FIT型の太陽光発電を大量に購入する動きが始まっております。

少しでも電気料金を下げて、経済メリットを高めるためには太陽光発電の相見積もりが必須となるのです。

複数社から見積もりを取るなら、無料で最大5社まで一括で見積もり依頼ができる「タイナビNEXT」をご利用ください。質の低い事業者を除外し、お客様を保護する仕組みで相見積もりにかかる労力を減らします。