ページトップ

グリーン投資減税とは

グリーン投資減税とは

太陽光発電の設置費用が全額即時減価償却可能になります!

昨年度の7月よりスタートした再生可能エネルギーの固定買取制度が開始されることに伴い、
5月29日よりグリーン投資減税の対象設備(太陽光発電)の定義が変わりました。

グリーン投資減税の対象設備である、太陽光発電設備のうち、

① 平成25年4月1日から平成27年3月31日までの間に太陽光発電設備を取得
② 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成23年法律第108号)(以下、「再エネ特措法」という。)第3条第2項(下記参照)に規定する認定発電設備に該当するものに限り、
③ その取得等した日から1年以内に事業の用に供した場合、

に、事業の用に供した日を含む事業年度において、取得価格の全額を即時償却(100%を初年度に償却)できるようになります。

太陽光発電設備

グリーン投資減税の詳細に関しては下記ページよりご確認ください。
▼資源エネルギー庁
http://www.enecho.meti.go.jp/greensite/green/index.html

対象設備の定義変更、認定申請様式の公表のタイミング

租税特別措置法附則第1条第10号に基づき、平成24年5月29日から、対象設備の定義が変更されました。また、平成24年6月18日から、買取制度の認定に関する様式等が公表され、認定申請手続きが可能となりました。

対象設備の定義変更、認定申請様式の公表のタイミング

適用の考え方について

租税特別措置法上、グリーン投資減税の適用を受けるためには、
①平成25年4月1日から平成27年3月31日までの間に設備を取得等し、
②電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成23年法律第108号)第3条第2項に規定する認定発電設備に該当するものに限り、
③その取得等した日から1年以内に事業の用に供した場合、
事業の用に供した日を含む事業年度において、グリーン投資減税の適用が受けられることとなっております。
「設備取得のタイミング( )」が平成25年3月31日までに起こっていれば、「事業の用に供するタイミング(★)(売電の開始(連系契約の完了を含む))」が異なっている場合でも、適用が可能です。

グリーン投資減税の適用の考え方について

カンタン、しかも無料で見積もり依頼。物件の地域と接地面積を選んでクリックするだけ!

Step1 設置予定の郵便番号をご入力してください。

キャンセル

Step2 設置予定面積/容量をご入力ください。50kW以下の設備を複数ご検討の場合、「50」と入力し、「kW」を選択下さい。

       

※単体・複数基に関わらず、低圧でご検討の方は「50」とご入力のうえ、「kW」をご選択ください。

Step3

ページの先頭へ戻る